どん底のブログ

2009年07月23日

【09衆院選】民主がマニフェスト原案 外国人への地方参政権付与も

【産経新聞】

民主党は23日、衆院選マニフェスト(政権公約)の原案となる「政策集INDEX2009」を発表した。外交政策で現実路線に舵を切る一方、永住外国人への地方参政権付与など結党以来の政策はそのまま踏襲。戦時中の日本の加害行為を調査する「恒久平和調査局」設置や、「慰安婦」調査への取り組みも表明しており、内政政策で従来の政権との違いが際立つ内容となっている。

 政策集は、第一ページに「戦後諸課題への取り組み」を記載。先の大戦で「内外に多くの犠牲が存在したことを忘れてはならない」と総括、国立国会図書館に恒久平和調査局を設置するための国立国会図書館法改正や「慰安婦問題への取り組み」を打ち出した。

 自民党内に賛否両論がある夫婦別姓についても「民法を改正し、選択的夫婦別姓等を導入する」と言い切った。人権侵害救済機関の創設も盛り込んだ。

 「慰安婦」問題で民主党は「旧日本軍による『慰安婦』問題の解決を図る」と主張してきた。元慰安婦だと名乗り出た外国人に国家が謝罪と金銭の支給を行う「戦時性的強制被害者問題の解決の促進に関する法律案」も過去10年間にわたり国会提出しており、民主党が政権を取れば、法案を成立させる可能性が高い。

 法案提出の事実は、昨年の政策集に記載されたが、今回から削除された。永住外国人の地方参政権付与問題でも「党内に永住外国人地方選挙権検討委員会を設置した」などの記述が消え、分量も圧縮。世論への配慮をのぞかせた。

 一方、外交政策では、海賊対策での自衛隊派遣容認や、国連決議に基づく北朝鮮貨物検査の実施など、これまでの国会対応を転換する内容を盛り込んだ。自衛隊によるインド洋での給油活動については08年政策集で「法案延長に反対」としていたが、記述が消えた。


>永住外国人への地方参政権付与など結党以来の政策はそのまま踏襲。
>元慰安婦だと名乗り出た外国人に国家が謝罪と金銭の支給を行う「戦時性的強制被害者問題の解決の促進に関する法律案」
※ただし日本人慰安婦は対象外だそうです

民主党が与党になった場合に成立するこういう未来に禍根に残す重大法案は、大手マスゴミは決して地上波では流さない・・・。
国家主権の委譲・沖縄の一国二制度(要は中国に渡す)とかの政策も、もし地上波に流れたら、絶対に民主党は大敗北するでしょうね。しかし、左派と在日に牛耳られているメディアの情報のみを妄信しているであろう、団塊の世代達の多くが有権者として存在している現状では、もう政権交代は避けられないかもしれません。

先の都議選でも自民は大敗しましたけど、有権者の多くがメディアリテラシーに長けた世代だったら、最悪でも五分の勝負になっていたと思います・・・ちなみに在日参政権肯定論者は「地方政治と国政は別だから、外国人への参政権の付与は問題ない!」と主張しているわけですが、各党は各地の地方選挙で「衆議院選挙の前哨戦!」と、尋常ではないほど力をいれていたわけで、地方選挙が国政選挙にも影響を及ぼしていることが証明されたわけですが・・・彼らは今、どう思っているのでしょうか?

国民が選んだ政治家でなく、在日外国人が選んだ在日外国人の政治家達に、日本人が支配される時代ってのは、そう遠くない未来なのかもしれません。
ただ、そんな無茶苦茶なことがそうは長く続くとも思えません。
日本で外国人の排斥暴動が起こった時、彼らは自分達の誤りにやっと気づくんでしょうけど。

日本人は我慢強いですが、いきなり切れる民族で、一旦切れたらとことんまでやりますからね。
posted by どん底 at 23:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 【政党】 民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
拝啓、管理人様

お久しぶりであります。

国旗を切り貼りする民主党の行為は言語道断であります、まさしく国売ります全力で渾身の力を奮って売国行為を行うの動かぬ証拠であります。

話題転じ、日本中で反日捏造教育を受けた筋金入りの反日民族であるシナ朝鮮人が増えております。

外国人犯罪も激増しております、その凄惨極まりない現状について元警視庁通訳捜査官
坂東忠信氏のサイト

外国人犯罪の増加から分かること

があります。携帯電話パソコン双方から御覧になれます、著書
通訳捜査官

はお薦めであります。m(_ _)m

僭越乍乱文にて 敬具
Posted by (^o^)風顛老人爺 at 2009年08月18日 23:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124130812

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。