どん底のブログ

2010年08月21日

「日本がハングルを学校で教えた」に、反省のない日本人の姿−韓国メデイア

【2ちゃんねるnews速報+】★「日本がハングルを学校で教えた」に、反省のない日本人の姿−韓国メデイア

  拓殖大学客員教授・藤岡信勝氏は18日、産経新聞のオンライン版で「日本がハングルを学校で教えた」と題する寄稿で、「朝鮮総督府は小学校段階からハングルを教える
教科書を用意し、日本が建てた5200校の小学校で教えた。日本は朝鮮人から言葉を奪うどころか、朝鮮人が母国語の読み書きができるように文字を整備した」と述べた。この記事が、韓国内で波紋を広げている。

  韓国のメディアは、「日本の大学教授が妄言」と題して、この記事の内容を取り上げ、藤岡教授の文章は反省がない日本人の姿を代弁していると報じている。また、菅直人首相が日韓併合100年を迎え、10日に発表した談話についても藤岡教授は「わが国の先人の苦闘の歴史を冒涜(ぼうとく)するものである」と批判したと伝えている。
  また、同メディアでは、日本のネットユーザーたちが「インターネットにこんな記事が出てくることは、本当に感謝している」「正論が充実し、素晴らしいことである」「歴史認識が不足している菅直人政権に事実を言ってくれるだろう」「これこそが取り扱われてない真実」と反応したと伝えている。

  一方、韓国のポータルサイト「Ruliweb.com」の掲示板上でもこの話題が取り上げられており、韓国のネットユーザーからは「百済時代は朝鮮が日本に文化を教えた」「日本人は韓国語の母音すら発音できないはず」「それなりに新鮮な解釈」といった声が見られた。

【政治ニュース】 2010/08/20(金) 11:46(編集担当:李信恵・山口幸治)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0820&f=politics_0820_005.shtml
前スレ 1の立った日時 08/20(金) 12:40:22
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1282352712/


>韓国のメディアは、「日本の大学教授が妄言」と題して、この記事の内容を取り上げ、藤岡教授の文章は反省がない日本人の姿を代弁していると報じている。

はいはい、証拠証拠↓

http://photo.jijisama.org/TextBook02.html
http://photo.jijisama.org/hg.html

韓国のネットは検索すらできないのか?
もう、「妄言!」で日本人を黙らせれる時代は、終わったんだぞ!


日本の日韓併合ではNHKの「日本のこれから」でもそうでしたが、
問題点や論点が整理されないままに議論が始まるから、グタグタになる。
議論をする前にきちんと整理するべき。

少なくとも以下の2点だけでも主張してから、ディベートに入るべき。

@併合前の状況
・日韓併合は日本の圧力があったは当然認める。だが、一進会をはじめとして朝鮮半島でも併合に賛成した人達が多数いたのは事実。

・李朝末期が国として成り立っていたのかを客観的に直視するべき。あと、朝鮮半島の当時の状況もきちんお直視すべき!

A植民地支配について

・ほん10年前までは
「日本の支配は他の欧米列強の植民地支配以上にひどく、朝鮮半島には暴力と略奪の嵐が吹き荒れ、名前や文化や言葉を奪われた!」という主張がなされていた。いや、今でも某国与党の無知の官房長官は主張しているが・・・、今は既に捏造が明らかになっている。

以下、非常に詳しいサイトを紹介しておきます。まあ有名サイトですから
知っている人は多いと思いますけど。

http://mltr.ganriki.net/faq05.html#korea06
※戦史の項を参照

簡単にですが、纏めてみました。朝鮮半島を併合したことによって、民族のプライドを傷つけたことは日本人として認めなければいけません。
しかしだからと言って、言葉や名前を奪ったとかの捏造までを日本人が受け入れる義務はないということを主張してから議論に入らないと、結局、日本が悪いで終わってしまうんですよね・・・捏造その者を信じている日本人もまだ多いから、尚更。

あと100年前のことを、当事者でもない世代が反省するなんて無理!
歴史的事実を教訓にして未来志向を築こう!」ということならまだしも、
100年後の世代に謝罪と反省なんて無理。
謝罪に付き合ってやっている団塊世代の日本人はもうすぐ引退する。その後は、日韓の立場が逆になるかも。長い間、嘘をつかれていた恨みは深いよ。
posted by どん底 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 【朝鮮半島】 歴史認識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

重要な事実を伝えない戦史番組
Excerpt: 毎年8月恒例の「もう2度と戦争はいたしません!」とばかりの1億3000万人の総懺悔週間がやっと終わった。
Weblog: 風林火山
Tracked: 2010-08-22 20:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。