どん底のブログ

2007年02月08日

NHK記者が「日本政府は拉致問題に固執し過ぎる」と批判しました

【2ちゃんねる news速報+】

質問はNHK記者(無記名)、次官補はヒル米国務次官補の発言。

(前略)
質問:私の友人の中国人外交官は、日本政府の態度に多少不満を持っていると言っていました。お分かりでしょうが、

日本政府の拉致問題に対する固執のことです。

友人らはいつも六者協議の進展にとって拉致問題が障害になっていると批判しています。それで、私は日本と他の国の間で、この問題についてギャップがあるように思うのですが、

貴方は日本政府を説得することができますか?

次官補:ええと、私はあなたの友人が中国外務省の誰なのか知りませんが、私の話した中 国外務省の人々は、これが日本にとって大きな問題であることを理解しています。日本政 府がこの問題を無視できない事を理解しています。ですから、中国はこの問題を現実的な 観点で解決しようと努力すると思いますし、現実にそれは問題なわけです。何が出来るか はこれから分かるでしょう。

大切なのは北朝鮮と話し合うことのできるメカニズムを作ることだと思います。日本政府 が北朝鮮と話し合う場をもうけて、拉致問題に関する何らかの議論を始めることです。六者協議は広範な問題を扱う場なので、私たちは幾つかの個別議案を提案することが出来ます。多くの議題があって、例えば米朝二国間協議なども六者協議を通して実現できます。

実際に非核化がかなうのであれば、そして私たちが合意事項の実施を進め、前進することが出来るのであれば、私たちは朝鮮半島に住む人々にとって重要な問題を検討することが出来るわけで、停戦条約を平和条約に置き換える問題に取り組むにはどこから始めるかが分かるようになります。
(後略)

ソース:米国国務省(英語)Interview with NHK
http://www.state.gov/p/eap/rls/rm/2007/80100.htm
関連スレ(東亜+)  蚯蚓φ ★さんの翻訳に感謝
【拉致】 NHKインタビュー「ヒル次官補、拉致問題で日本政府を説得できますか?」[02/06]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1170857419/


呆れた・・・日本の公共放送が北朝鮮の主張をアメリカ側に要請しているのか・・・しかも、

>私の友人の中国人外交官は、日本政府の態度に多少不満を持っていると言っていました。
>お分かりでしょうが、日本政府の拉致問題に対する固執のことです。

といった、友人の中国外交官(本当にそんな友人がいるのかわからんが)の言い分を利用するという姑息な手段を使っている。
NHKさん!前の電突では、報道姿勢を明確にしてもらえませんでしたが、やっぱりあなた達は北朝鮮の側に立った報道をするんですね!

*インタビュアーは、NHKニュースウォッチ9キャスターの柳澤秀夫が有力という説が2chで出ていました。
http://www.nhk.or.jp/nw9/anchor.html
posted by どん底 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 【マスコミ】 NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に呆れてしまいますね。一体どこの国の放送局ですか。これでよく国民に受信料義務化などと言えたものです。
こんな所に一円たりとも払いたくはないという気になります。
Posted by sesiria at 2007年02月10日 10:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。