どん底のブログ

2007年06月27日

日本の生活に絶望、北朝鮮へ帰国=脱北女性「誘拐された」と主張

【時事ドットコム】

 【北京26日時事】2003年に北朝鮮を脱出して日本へ戻ったものの、日本での生活に絶望して北朝鮮へ帰る決意をしたとする女性(57)が26日、北京の北朝鮮大使館で記者会見し、「悪い人間にだまされ、誘拐された」「日本(の生活)は人間が生きていく暮らしではない」などと語った。脱北後の生活は極めて厳しいと宣伝する狙いがあるとみられる。
 女性は在日朝鮮人の父と日本人の母の間に神奈川県で生まれたト・チュジさんで、1960年に両親と共に北朝鮮に渡った。トさんは03年10月に中国側へ脱出、瀋陽の日本総領事館へ入り、同11月に日本へ戻った後、千葉県松戸市に住んだ。
 しかし、アパートの隣人と全く交流がないなど日本の生活になじめず、北朝鮮に残した子供が恋しいこともあって北朝鮮に帰ることを決めたという。中国への脱出は「強制的に連れて行かれたものだった」と強調した。



>中国への脱出は「強制的に連れて行かれたものだった」と強調した

60年たっても、鮮人いう事は変わらないね。
北からの難民なんぞ受け入れたら、数十年後には、第2の強制連行神話が誕生しているんだろうね。

北朝鮮難民なんかは一人も受け入れるべきではない!
と思った方は
↓クリックをお願いします。
banner_01.gif

※バナーが見えない方は
↓こちらから投票をお願いします。
人気blogランキングへ


posted by どん底 at 10:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 【朝鮮半島】 強制連行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
報道で見たけど、こやつ月17万円の生活保護受けてたんだってな。
Posted by at 2007年06月28日 08:07
17万って、うちの親の年金よりも多いじゃねぇか
Posted by at 2007年06月28日 15:18
家族を北に残して、日本に脱北した場合、北に残した家族の迫害を恐れ、普通は顔を隠す。
ところが、北に戻った2人は、テレビに出まくり。
前回の女性は、脱北時、ブローカーによる誘拐疑惑や外務省恫喝疑惑もあった。
今回の女性は、兄が脱北第1号で、妹との感動の再会を、日本のテレビ局は、しっかり取材している。
テレビ局は、資料をたくさん持っているのに、何故か、全然公開しない。
2人は工作員、脱北者の支援者、日本での生活を探りにきたと言われても、否定できない。
外務省は、これからは、家族を北に残し、1人で脱北した人の、日本入国審査を厳しくすべきです。
Posted by 自己反省 at 2007年06月30日 16:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。