どん底のブログ

2007年12月06日

大手マスコミの偏向報道をスルーする総務省。でも、ネットは規制したい

【毎日新聞・社説】
総務省:通信・放送法制統合へ ネット情報も規制

総務省は6日、電気通信事業法、放送法など現行の通信、放送関連の法律を「情報通信法」(仮称)として一本化し、2010年の通常国会に提出する方針を明らかにした。社会的な影響の大きいインターネットのコンテンツ(情報の内容)を、現在の放送と同じように(1)政治的な中立性が保たれているか(2)公序良俗に反していないか−−などの観点から規制できるようにする内容。新聞社や通信社による記事のネット配信も規制対象となる可能性があり、議論を呼びそうだ。 

 総務省の「通信・放送の総合的な法体系に関する研究会」(座長、堀部政男・一橋大名誉教授)が同日午前にまとめた報告書で、新法制定を提言した。これを受け、同省は来年1月にも情報通信審議会(総務相の諮問機関)に制度の見直しを諮問し、新法の具体案を詰める。

 報告書は、高速大容量のネットの急速な普及や放送のデジタル化によって、テレビ番組をネットで視聴できるようになるなど放送と通信の融合が進んでいると指摘。放送とネットのコンテンツについて、社会的な影響力の大きさに応じて段階的に規制する枠組みを作るよう提案した。

 社会的な影響力の大きさは、(1)視聴者数(2)有料か無料か(3)映像、音声、データの種別−−などの基準で分類し、とくに公共性の高いメディアサービスに対しては現在の地上テレビ放送並みに規制するよう求めている。

 新法が制定されれば、影響力の大きいメディアによってネット配信されたコンテンツが政治的に偏っていたり、有害だと判断された場合は配信者(事業者や個人)に対し削除や訂正を求めることができるようになる。

 インターネットのホームページなどのコンテンツは現在、原則として規制がなく、有害情報やプライバシー侵害などに対する規制を求める声もある。ただ、新たな規制は表現の自由を侵害する恐れもあり、新法制定によるコンテンツ規制について日本経済団体連合会、日本新聞協会などは「ネット上の情報規制には原則反対」との見解を示している。【尾村洋介】



>社会的な影響の大きいインターネットのコンテンツ(情報の内容)を、現在の放送と同じように(1)政治的な中立性が保たれているか(2)公序良俗に反していないか−−などの観点から規制できるようにする内容

TBS等のマスゴミが何度も捏造・偏向報道をしても、厳重注意や警告しかせず、朝日が何度アサヒってもスルーするくせに、ネットの記事は規制ですか!そうですか!
総務省の役人達よ!「捏造・偏向記事を取り締まるのは当然だ!」と言うのなら、大手マスゴミの方もきちんと取り締まれよ。


応援をお願いします!
↓クリックをお願いします。
banner_01.gif

※バナーが見えない方は
↓こちらから投票をお願いします。
人気blogランキングへ






posted by どん底 at 22:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 【マスコミ】 偏向報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アサヒルを問わず国民を愚弄、最貧国の食糧事情も顧みない様なただ食い番組や、反日番組を作ってるテレビ・新聞を取り締まれ。
ネットでの事実を誹謗と言うのは、後ろ暗い処がある事の証明。
Posted by 大和 at 2007年12月07日 11:38
>現在の放送と同じように(1)政治的な中立性が保たれているか
ハァ?
現在の放送と同じように
現在の放送と同じように
現在の放送と同じように
Posted by at 2007年12月09日 11:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。