どん底のブログ

2007年12月21日

改正放送法が民主党と日本民間放送連盟の反対で、捏造報道の罰則規定を削除して成立

【毎日新聞】
放送法改正:局への処分規定は削除して可決・成立

NHK不祥事の再発防止のため経営委員会の監督権限の強化などを盛り込んだ放送法改正案は21日、自民、民主、公明の3党の共同修正を受けたうえで、参院本会議で賛成多数で可決、成立した。改正案では、放送の多様性を確保するための「マスメディア集中排除原則」を緩和し、複数の放送局を傘下に置くことができる「認定持ち株会社」制度を導入することも定められた。

 改正案を巡っては、

ねつ造番組を流した放送局への新たな行政処分の新設規定に対し、日本民間放送連盟や民主党が「公権力による表現の自由への介入」として批判を浴びせた。

結局、自民党と民主党の間で修正協議が行われ、自民が譲歩する形で処分規定は削除された。
また、経営委の権限強化により報道・制作の現場が萎縮(いしゅく)することがないように、同委が番組編集に介入することを禁止する規定も加えられた。

 衆参両院の法案可決に際しては、正確な内容の放送が行われるよう、放送界の自主的な取り組み強化を期待する付帯決議が行われた。【尾村洋介】


>日本民間放送連盟や民主党が「公権力による表現の自由への介入」として批判を浴びせた。
>自民党と民主党の間で修正協議が行われ、自民が譲歩する形で処分規定は削除された。

罰則がないから、TBSも何度も同じ捏造を繰り返すわけだがw
これは改正どころか改悪だね。民主党の主張は論外だが、自民党も譲歩してまで、意味のない法律を成立させるなよな。

>衆参両院の法案可決に際しては、正確な内容の放送が行われるよう、放送界の自主的な取り組み強化を期待する付帯決議が行われた。

侵略者の良心に期待する無防備マン達と全く同じ考え方だね。
捏造報道の責任をきちんと取ったことがないマスゴミの良心に期待するなんて、本当にアホ過ぎる。


応援をお願いします!
↓クリックをお願いします。
banner_01.gif

※バナーが見えない方は
↓こちらから投票をお願いします。
人気blogランキングへ






posted by どん底 at 23:19| Comment(2) | TrackBack(16) | 【マスコミ】 偏向報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「捏造」が無ければ「テレビ局」はやっていけません〜と同意味でしょう。
警察用語では「自白」て言うんでしょう?
Posted by 大和 at 2007年12月22日 11:59
法律とは、性悪説で考えるべきもの。
改善を期待するなんて、守る気のないものには、意味のない言葉。

立法府が何を考えているのだか・・・
Posted by at 2007年12月25日 14:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

民族崩壊への序曲
Excerpt: 今年も後10日をきるようになった・・・ 今年の日本という国は一体どうしたものなのだろうか・・・参院選での自民党の敗北によって、保守派の安倍晋三がいきなりの辞任を表明してしまったが、それに対してそ..
Weblog: 手前ら、日本人なめるんじゃあねぇ
Tracked: 2007-12-23 16:31

規制の対象(コンテンツと規制について その1)
Excerpt: 情報の価値判断と規制について考えてみたい。全9回シリーズでエントリーする。
Weblog: 日比野庵 本館
Tracked: 2007-12-24 16:57

中国の世界覇権戦略 (中国の世界覇権戦略 その1)
Excerpt: 中国の覇権戦略を考えてみたい。全5回シリーズでエントリーする。
Weblog: 日比野庵 本館
Tracked: 2007-12-24 16:59

インターネットの交通ルール(コンテンツと規制について その2)
Excerpt: 今の日本のネット事情は高速通信が当たり前。ブロードバンドって、よく高速道路にたとえられていたけれど、そのとおり。情報の高速道路。そのお陰で重かった画像データとかも手軽に送受信できるようになって、便利に..
Weblog: 日比野庵 本館
Tracked: 2007-12-25 12:23

東シナ海ガス田の重要性 (中国の世界覇権戦略 その2)
Excerpt: 昨今問題になっている、東シナ海のガス田。一説では尖閣諸島周辺海域の油田はイラク油田に匹敵するとも言われている。
Weblog: 日比野庵 本館
Tracked: 2007-12-25 12:25

コンテンツと媒体(コンテンツと規制について その3)
Excerpt: 「情報の車」は、個々人のPC端末で読まれたり、書いたりされてその意味を持つ。だからコンテンツの持つ価値は、個人によって異なるもの。同じコンテンツであっても、興味のある人にとっては重要な情報だけれど..
Weblog: 日比野庵 本館
Tracked: 2007-12-25 16:09

民主国家の弱点 (中国の世界覇権戦略 その3)
Excerpt: 先日、オーストラリアで総選挙が行われ、政権交代が決まった。親中派のケビン・ラッド党首が次期首相に就任することになった。
Weblog: 日比野庵 本館
Tracked: 2007-12-25 16:10

中立とは何か(コンテンツと規制について その4)
Excerpt: 政治的立場もそうだけれど、情報に中立性を求めるのはそもそもにして難しい。
Weblog: 日比野庵 本館
Tracked: 2007-12-26 08:17

心を攻める覇権維持 (中国の世界覇権戦略 その4)
Excerpt: 現代戦争は兵器技術が占める要素が大きく、莫大な開発費が必要になる。軍は戦争によって敗れなかったとしても、軍を支える経済が持たなくなって崩れてゆく。
Weblog: 日比野庵 本館
Tracked: 2007-12-26 08:19

自由と公平(コンテンツと規制について その5)
Excerpt: 新聞や本、ネットでもそうだけれど、読む人が情報を得ようとするとき、まず見るのは見出しや題名。現代人は忙しいから、全部の雑誌の全部の記事を丹念に読むことなんて殆どできないし、しない。だから各社は読者..
Weblog: 日比野庵 本館
Tracked: 2007-12-26 23:05

日本の対策 (中国の世界覇権戦略 最終回)
Excerpt: 中国が世界覇権を取ったとき、日本が隷属しておこぼれをもらうようになるのが嫌なのであれば、シーレーンを中国に抑えられても対応できるようにならなくちゃいけない。
Weblog: 日比野庵 本館
Tracked: 2007-12-26 23:07

情報価値のつけ方(コンテンツと規制について その6)
Excerpt: 検索エンジンの中で、急成長を遂げているもののひとつにグーグルというのがある。
Weblog: 日比野庵 本館
Tracked: 2007-12-27 22:06

中国の軍事拡張の問題 (中国の世界覇権戦略 補追1)
Excerpt: 純軍事・外交的戦略だけでみて、中国の拡張政策について考えてみたけれど、国内に抱える様々な問題を差し置いて、現実にそんなことができるのかという点について考えてみる。本エントリーを、今回の中国の世界覇..
Weblog: 日比野庵 本館
Tracked: 2007-12-27 22:08

2ちゃんねる(コンテンツと規制について その7)
Excerpt: ネットにはグーグルと同じく、自らのコンテンツを持たない存在もある。その中で代表的なものは、1000万人が利用しているとも言われる2ちゃんねる。
Weblog: 日比野庵 本館
Tracked: 2007-12-28 19:33

ロングテール(コンテンツと規制について その8)
Excerpt: オンラインショッピングの世界でよく取り上げられるビジネスモデルとして、ロングテール・ビジネスモデルというのがある。
Weblog: 日比野庵 本館
Tracked: 2007-12-29 16:30

万人の秀才とひとりの天才(コンテンツと規制について 最終回)
Excerpt: コンテンツ自体は何がしかに偏ったものしかありえないと言ったけれど、政治的内容とか、公序良俗だとか、その他優れた考えなんかが同じ人から発信されている場合も当然ある。
Weblog: 日比野庵 本館
Tracked: 2007-12-30 17:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。