どん底のブログ

2008年01月27日

放送局の下請けいじめ、総務省が実態調査へ

【読売新聞】

 放送局が優越的地位を利用して番組制作会社に不公正な取引を強いる「下請けいじめ」の是正を目指し、総務省が実態調査に乗り出すことになった。

 近く学識経験者や放送業界の関係者などによる検討会を設け、6月をめどに取引指針をまとめる方針だ。

 放送局は、番組制作の多くを制作会社に発注しているが、契約時に書面を交わさないこともある。番組が途中で打ち切られた場合、放送局が放送されなかった分の代金を制作会社に支払わなかったり、自社イベントのチケットを制作会社に買わせたりするなど、「下請けいじめ」が日常化していると指摘されている。

 指針では、下請けいじめにつながる違法な取引例などを示すほか、放送局がほぼ一元的に管理している番組の著作権の帰属について、放送局と制作会社が交渉で決定するように促す。

 放送局と番組制作会社の不公正な取引関係を巡っては、公正取引委員会が現在、双方への特別調査を実施している。放送局を監督する総務省としては、2011年7月の地上テレビの完全デジタル化をめどに、放送局と制作会社の取引関係正常化を目指している。

(2008年1月27日03時04分 読売新聞)



>指針では、下請けいじめにつながる違法な取引例などを示すほか、放送局がほぼ一元的に管理している番組の著作権の帰属について、放送局と制作会社が交渉で決定するように促す。

罰則がなければマスゴミが従うわけないだろ!総務省はTBSの捏造問題から、何も学んでないんだな。
あと、マスゴミ各社はこの報道をスルーするか、他人事の様に報道するんだろうな・・・こんな奴らの自主努力なんぞに期待する方が阿呆だ!

応援をお願いします!
↓クリックをお願いします。
banner_01.gif

※バナーが見えない方は
↓こちらから投票をお願いします。
人気blogランキングへ
posted by どん底 at 10:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 【マスコミ】 偏向報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マスコミはマトモな仕事をしないくせに給与は良いらしいですね、こんな連中が「弱者」が「どうのこうの」て判るんですかね。プチッ。
Posted by 給与 at 2008年01月27日 17:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/80864558

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。